読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ॐ記

趣味についてツイッターでは書ききれないと判断したことを書きます。

大洗旅行(6/24-6/25)③

大洗旅行(6/24-6/25)② - ダイアリー・オブ・ॐゆたろう の続きです。

飽きて放置してる間に旅行から2ヶ月以上経過してしまいました。しかし記憶はまだ健在であります。

 

2日目は、チェックアウト前に磯前神社を再訪しました。(宿の目の前ですので)

 

大洗磯前神社(2回目)

なぜ再び訪れたのか、理由は2つあります。

1つはスタンプラリーのスタンプを押し忘れていた人がいたため。

もう1つは、限界キモオタクがフィギュアの写真を神社で撮りたがっていたため。

 

・写真は、フィギュアを階段に置いて撮影しようとするオタクです。階段の上から下から迫る人たちに奇異の目で見られていました。

f:id:producer_yutaro:20160628003008j:plain

・上から撮った写真。ちょうどIV号とT-34が下った場所です。実際にはかなり狭く、乗用車ですら通れないかもしれないというくらいの幅しかありません。

f:id:producer_yutaro:20160628002947j:plain

神社を後にした我々は、軽食喫茶店であるブロンズさんへ向かいました。

 

 

軽食喫茶ブロンズ

前日にもお店の前を車で通過したので、かなり並ぶことを知っていた我々は開店時間を狙うこととしました。確か開店後20分程度の時間には着いたのですが、既に8人程度並んでいました。

しかしこの時の我々には、この後どれほど並ぶことになるかを知る由も無かったのです。

 

・外装。ペパロニ(ボクの一番好きなキャラクターです)のポップが立っているので、その時点で満足しました。

f:id:producer_yutaro:20160628002829j:plain

・外に立っている掲示。このナポリタンはOVAで秋山殿がアンツィオに潜入した時にペパロニ(かわいい)が作ってたアレですね。初めて訪れる方はとりあえずこれを注文しましょう。

f:id:producer_yutaro:20160628002958j:plain

 

さて、外装をねっとりと観察した我々は列に並びます。普段から、ラーメン二郎等のおかげで10人以上いようが並ぶのには慣れていますので、まあ30分程度で入店できるだろうと思っていました。

しかし、ここは大洗。

二郎のように気軽に訪れることが出来る場所でもない上に、ロット乱しは悪のような風潮もありませんので、回転率はあまりよくありません。もちろん、それだけ内装に見どころがあり、くつろげる場所であるということでもあります。

ところで、実際に役立つアドバイスとして、このお店には間違いなく開店時間前に着いておくことを強く勧めます。11時20分に到着した我々がペパロニのナポリタンにありつけたのは13時を過ぎてからです。事実、並んでいる途中で諦めて帰る方も多数見受けられました。最も、この日は土曜日だったので人が多かったというのもあると思いますが。

バスや特急など、時間的制約のある交通手段を利用する方は確実に11時前には着いておきましょう。

 

・1時間以上並び、やっとありつくことが出来たナポリタン。まさに神域の味でした。

出来立てなせいか、タマゴがトロトロのフワフワで今まで食べたことがないような舌触りをしていました。また量は多く、食べ続けているとしょっぱさに飽きてしまうかもしれませんが、そこでピーマンを一緒に口に含むことで変化が生まれ、食欲が一気に回復します。

食べてから二ヶ月以上経ってしまったのでこれ以上細かいことは覚えていないのですが、一つだけ言えるのは”こんなに美味しいナポリタンは食べたことがない”ということです。間違いなく後悔はしません。

大洗を訪れた際は、是非このナポリタンを食べて下さい。

f:id:producer_yutaro:20160628002641j:plain

胃袋を満たした我々は、水族館を目指します。

 

 

  • アクアワールド茨城県大洗水族館

ちょうど劇場版で、エキシビションマッチの決着が着いた場所がこのアクアワールドでした。もちろん写真を撮りたかったのですが、駐車場ゆえ多くのナンバープレートが写り込んでしまい加工が面倒であることや、海を訪れている人が多く映り込み、こちらも加工が面倒である等の理由から撮影は行いませんでした。

 

マンボウ。水族館は好きですが、あまり写真を撮ろうという気持ちにはならないのでこれくらいしか残っていませんでした。

f:id:producer_yutaro:20160628002815j:plain

ガルパン要素はありませんが、水族館が好きな人ならきっと楽しめるでしょう。

 

名残惜しい気持ちもありますが、この大洗旅行で訪れた場所はこれでほとんど全てです。

この後、再びアウトレットを訪れ、ラジコン戦車で熱い戦い(二回目)を繰り広げました。(大洗旅行(6/24-6/25)① - ダイアリー・オブ・ॐゆたろう を参照)

 

大洗リゾートアウトレット(ラジコンしに来た)

前日、ラジコンで熱い戦いを繰り広げた我々は、あの興奮を忘れる事ができず、再びこの場所に辿り着いてしまったのです。

前の戦いでは、ティーガーの履帯の脆弱性に散々苦しめられたため、今日はアレ使いたくないなぁなどと考えながら入店したところ、どういうわけかティーガーが無くなっているのです。前日のポンコツ姿を見た店員さんに見切られたのか、はたまた修理に出されたのか、真相は店員さんのみぞ知るところでありますが、代替車としてKV-1が備え付けられていました。

結論から述べると、KV-1は電池が満タンなのか性能のおかげなのか、圧倒的な強さでシャーマンを完膚なきまでに叩きのめしました。おわり。

 

また、連日のラジコン戦車戦ですっかりその虜になった我々は、実際にラジコン戦車を購入することを誓いました。オタク4人で、三田キャンパスの中庭で戦車戦をする予定です。どの商品にするかという話ですが、HENGLONGという台湾の会社が販売している1/16スケールのシリーズがいいかな、と思っております(現在協議中)。

 

・戦車を操るオタク。現在このジオラマセットは撤去され、新しい物になっているそうです。

f:id:producer_yutaro:20160628002740j:plain

最後の買い物を済ませ、アウトレットを出ます。

 

これで本当の本当にお別れの時間です。我々は大洗の町に別れを告げ、喧騒の都を目指し帰路に就きました。(帰路に就く直前、浅野丸さんというミカのポップが建てられている宿にトイレを借りに行くという謎のイベントが有りました。突然のことにも関わらず快くトイレを貸してくださった浅野丸の女将さんには感謝しても感謝しきれません)

 

この大洗旅行を振り返ってみれば、非常に短い二日間でした。実に滞在時間は32時間程度でしたが、本当に実りのある、濃い時間を過ごすことが出来ました。また、このように本格的な聖地巡礼というのは初めてだったので、新鮮な気持ちで楽しむことが出来ました。

我々が訪れた多くの場所はガールズ&パンツァーというアニメーション作品にゆかりのある場所です。しかしこの大洗という町にはまだまだ多くの魅力があり、決してガルパンだけに支えられているわけではないという力も感じました。大洗が今後もガルパンと、そしてそのファンと上手く付き合っていけることを切に願います。

 

しかしこれだけ楽しむことが出来たのだから、1度訪れただけでは当然満足できないのがオタクの性。次に行くことが出来るのはいつになるか分かりませんが、できるだけ早く訪れたいです。やはり次はあんこう祭(11/13)でしょうか。これは確実に参加したいですね。次はシーサイドホテルに泊まります。

 

 

・・・・あとがき

このような冗長な文章をここまで読んでくださり、ほんとうに感謝の気持ちでいっぱいです。

ちなみに、サボってた期間にあった特筆すべき出来事についてもちゃんと書くつもりです。予定では

ストライクウィッチーズ 秘め歌コンプリートBOX発売記念イベントの感想(SW)

アイドルマスタープラチナスターズをプレイした感想(アイマス

・第二次ハートフルタンクカーニバルの感想(ガルパン

・大島(ビビッドレッド・オペレーションの聖地)旅行の感想(ビビオペ)

のような記事になる予定です。気が向いたら他のことも書くかもしれないですし、上に挙げた記事も書かない、ないしは書けなくなることもあるかもしれません。

 

では、気が向けば次もよろしくお願いします。